戻る

登り窯(のぼりがま)の風景
                                                                     2011年12月15日撮影
                                                2012年1月25日撮影

 登り窯は年に六回焼成します。一回の焼成はおよそ24時間(約1中夜)くらいをかけます。登り窯は3つの部屋でできています。穴窯と比べて焼成室は広く、一回の焼成で穴窯に比べて多くのやきものができます。

 朝鮮唐津、白唐津、黒唐津、絵唐津、三島唐津、斑唐津、などいろいろな作品がこの窯で仕上がります。ここでできる作品は日常で使い触っていただくことが私の願いです。使うことで作品がどんどん良い姿に変化していくのです。手に取って愛でることが唐津焼の楽しみ方です。

 




                     土平窯           created by 「花盗人」